オットー・リリエンタールのグライダー

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

技術

キーワード

オットー・リリエンタール, ハンググライダー, 航空, 滑空, 空気力学, 運送, 技術

関連のエクストラ

質問

  • オットー・リリエンタールはどの国の出身でしたか。
  • オットー・リリエンタールはグライダー11号をいつ製作しましたか。
  • オットー・リリエンタールの写真が撮られたことがありますか。
  • オットー・リリエンタールに作られたグライダーの骨組みは金属製だったというのは本当ですか。
  • オットー・リリエンタールに作られたグライダーは軍事目的に使われたというのは本当ですか。
  • オットー・リリエンタールは作動していた機関が搭載されたグライダーを製作しましたか。
  • オットー・リリエンタールは最初、羽ばたきのグライダーを設計したというのは本当ですか。
  • オットー・リリエンタールはグライダーを使って、どのくらいの距離を飛べましたか。
  • オットー・リリエンタールはグライダーをどのくらい作っていましたか。
  • オットー・リリエンタールはどの種類のグライダーを製作しましたか。
  • オットー・リリエンタールのグライダーがどのように操縦されましたか。
  • 空気より重い機械が飛げますか。
  • 着陸している航空機に作用している力の合力が上向きであるというのは本当ですか。
  • ライト兄弟は航空機を製作するとき、リリエンタールのノートと結果も考慮に入れたというのは本当ですか。
  • オットー・リリエンタールは高さが怖くて、自分で飛行したことがなかったというのは本当ですか。
  • オットー・リリエンタールは自分のグライダーの墜落でなくなったというのは本当ですか。
  • オットー・リリエンタールの最後の言葉は何でしたか。

シーン

グライダー

リリエンタールの発明

リリエンタール兄弟飛行に必要な三つの基本的な要因揚力, 推進力と操縦であることを比較的に速く気づいていましたので、最初の航空機もこれらの要因を考慮に入れて製作しました。
最初は小さな蒸気機関で動かされた羽ばたきのモデルを作りましたが、複数の成功できなった実験の後、グライダーにすることを決めました。1874年の前、多くのモデルを設計しました。

オットー・リリエンタール(1890年から一人で働いて)キャンバスやなぎの小枝単葉機のグライダーを作りました。体重を移すことによって操縦できる構造でした。グライダーを常に改善し、飛行に関する経験が増加しました。
離陸の際、高原から順風で走っていました。最初の飛行距離は50-100mでしたが、その後は350mにも達しました。

最低18個のモデルを製作しました。その中で、単葉機が15機あり、複葉機が3機ありました。最も発達したモデルは1895年に作っていた11号の単葉機でした。このモデルの複製が8機作られ、その中の2機がイギリスで販売されました。

これらのモデルの最も大きな弱点パイロットが体重を移すために足を動かさないといけなかったことでした。その理由で、操縦が複雑で、横からの風に対する保護がありませんでした。

飛行

空気の支配

歴史上初の飛行に関する科学的な実験がレオナルド・ダ・ヴィンチに関連されています。発明したもの(パラシュートと羽ばたき機など)が後の発明家の改善されました。
最初の成功した飛行は蒸気球を使って行われました。フランスのモンゴルフィエ兄弟に設計された気球は1783年に、パリで離陸しました。その時はまだ地面に縄で繋げられました。最初の自由な飛行がピラートル・ド・ロジェに行われました。

その後、人の力で駆動される航空機に関する実験が続いていました。多くの成功できなかった試みの後、発明家は気流を利用するグライダーを設計しました。最初の実際に飛行できたグライダーが1853年にサー・ジョージ・ケイリーに設計されました。

オットー・リリエンタールは自分のグライダーを1891年に設計し、建設しました。この航空機が現在のハンググライダーの先駆けとなりました。リリエンタールはこのように言っていました:「航空機を発明するのはたいしたことではありません。1機を実際に製作するのはたいしたことです。実際に飛ぶことを体験するのはすべてです。」

オットー・リリエンタール

飛行の先駆者

ドイツの技術者、オットー・リリエンタール (1848年-1896年)と兄弟、グスタフは子供の頃から飛ぶことに憧れていました。鳥の飛行を観察し、最初の発明品も一緒に製作しました。
多くの成功できなかった試みの後、グスタフが諦めたため、オットーが一人で研究を続けていました。彼は新しい計画を作り、モデルを改善しました。
1891年から実際に発明品を試すことにしました。ベルリンの近くにある人工的な丘(リヒターフェルデ南)から飛び降りました。その数年後、リノーバー山脈で飛行に関する実験を続けました。グライダーを使っておよそ2000回飛行をしました
1896年8月9日に、複葉機のグライダーの一つを試したとき、横風のためグライダーが墜落しました。発明家は15メートルの高さから落ち、脊髄を骨折しました。その翌日、オットー・リリエンタールが死亡しました。伝説上の最後の言葉は熱心な使命感を表しています:「犠牲が必要な時があります。」

オットー・リリエンタール

構造

  • ワイヤーブレース
  • 木材フレーム
  • 手羽

アニメーション

ナレーション

ドイツの技術者オットー・リリエンタール19世紀の後半に活動しました。兄弟、グスタフとともに子供の頃から飛ぶことに憧れていました。鳥の飛行を観察し、飛行に必要な三つの基本的な要因揚力, 推進力と操縦であることを比較的に速く気づいていました。最初は羽ばたきのモデルを作りましたが、複数の成功できなった実験の後、グライダーにすることを決めました。1874年の前、多くのモデルを設計しました。

グスタフが諦めた後、オットー・リリエンタールは計画を作り、グライダーを製作し、自分で飛ぶことを続きました。キャンバスやなぎの小枝を使って最低18機のグライダーを製作しました。離陸の際、高原から順風で走っていました。グライダーを複数回改善をした後、300メートルほど飛ぶことができました。

アニメーションで見える単葉機のグライダーをパイロットが体重を移すことによって操縦されています。しかし、その操作のためパイロットが足を動かす必要がありましたので、操縦が複雑になっていました。
1891年に、ベルリンで試されたグライダーは現在のハンググライダーの先駆けとなりました。リリエンタールはこのように言っていました:「航空機を発明するのはたいしたことではありません。1機を実際に製作するのはたいしたことです。実際に飛ぶことを体験するのはすべてです。」

関連のエクストラ

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

モーターの飛行機 (アドルヤーン・ヤーノシュ)

「Libelle」(トンボ)という飛行機はハンガリーの航空史の画期的な飛行機でした。

レオナルド・ダ・ヴィンチの工房(フィレンツェ、16世紀)

ルネッサンスの博学者の工房、彼の有名な発明、芸術作品を見学してみましょう。

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

ダイダロスとイカロス

古代ギリシャの神話に登場する父親と息子はクルタ島から逃げたかったです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 羽ばたき機 (1487年-1489年)

レオナルドは鳥の羽のような機械を設計しました。ただし、この設計図の仮説が間違っていました。

フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

ドイツの三葉機は第一次世界大戦の一番有名な航空機でした。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

ユンカース G 24 フロート水上機

フロート水上機は水上にも到着したり、走ったり、水上から飛び上がったりすることができる航空機です。

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

エアバス A380 (2005 年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

Added to your cart.