セーカーハヤブサ

セーカーハヤブサ

ヨーロッパとアジア大陸で分布しているセーカーハヤブサは大きな猛禽です。

生物

キーワード

ファルコン, 切り裂くくちばし, 足をつかむ, かぎつめ, 嘴の歯, ニジコラス, turul, 動物, 脊索動物門, 鳥, 捕食者, 生物

関連のエクストラ

シーン

セーカーハヤブサ

急降下

構成

  • 翼幅: 100‐120cm
  • 体重: 700‐1300g
  • 掴むための脚 - 猛禽(もうきん)類は強くて、獲物を掴むことができる脚を持っています。
  • 切り裂くくちばし - 猛禽類のくちばしは曲がっていて、鋭いです。これは、獲物を切り裂く役割を果たします。
  • 尾羽 - 飛行中の操舵をする羽です。飛び羽とも呼ばれています。
  • 翼の風切羽 - 飛行に重要な役割を果たします。翼の面積を大きくする羽です。

獲物を掴む足

  • かぎつめ - 猛禽の足には、獲物を捕まえるために強い指があります。指の先には鋭い爪がある。

獲物を引き裂く嘴

  • 嘴の歯 - ハヤブサ類の上のくちばしにはのようなでっぱりがあり、それは獲物の切り裂きを手伝っています。

関連のエクストラ

チュウヒ

チュウヒは地球上に分布している猛禽です。

マガモ

このアニメーションはマガモを例にとって、鳥の解剖を紹介します。

羽の種類

アニメーションは羽の種類と詳しい構造を紹介します。

クロウタドリ

このアニメーションはクロウタドリを例にとって、鳥の骨格と卵を紹介します。

カワセミ

カワセミの特徴的な色は捕食する時に、役に立ちます。

コウテイペンギン

南極に生息しているペンギンは水泳と寒い温度に適合しています。

ニシコクマルガラス

ニシコクマルガラスは一般的に大きな群れで行動し、都市によく見える鳥です。コンラート・ローレンツはこの鳥の複雑な社交的行動を分析...

キョクアジサシ

キョクアジサシは長い距離を移動することで知られる: 1年のうちに北極圏と南極圏の間を飛んで来ます。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

哺乳類の歯牙

哺乳類の様々な種の歯牙は食生活によって反映されます。

Added to your cart.