中世の農家

中世の農家

中世の農家はシンプルで、一階建ての建物でした。一般的に、土、泥や木材から建築されました。

歴史

キーワード

中世の農家, 住んでいる場所, 居室面積, ライフスタイル, 家, 中世, 建築, 泥, 木製フレームワーク, 枝打ち

関連のエクストラ

市場町 (ハンガリー王国)

市場町は中世後期のハンガリー王国において最も一般的な町の種類でした。

アルパード時代の集落

アルパード時代の集落の典型的な住宅は竪穴住居でした。

ユルト

遊牧民に使われているユルトは円状形で、運びやすくて、フェルトで覆われたテントです。

中世都市

中世都市に建築された家は石や煉瓦からでき、2〜3階建てでした。

あぜくら

校倉はハンガリーのアルパード時代の典型的な住宅の一種でした。

農家と村の構造

集落と村の構造は地方の地理学的な特徴によっています。

中欧の農家 (19世紀)

19世紀の中央に建築された農家が様々な特徴を持っていました。

農業技術

農業技術は中世と近代の人間文化と共に発達しました。

農場の生活 (ハンガリー)

農場には特有な農業活動が行われています。

ドライミル

馬鹿力(や人力)で作動した機械は、主に穀物を粉砕するために使用されました。

古代ギリシャの住宅

古代ギリシャの一般の住宅は二階建てで、長方形で、幾何学的に構成された間取りを持っていました。

特徴的な住戸形式

すべての時代と文化は自分の特徴的な住戸形式を持っています。

Added to your cart.