中世都市

中世都市

中世都市に建築された家は石や煉瓦からでき、2〜3階建てでした。

歴史

キーワード

中世, 中世都市, 都市, 住居, 守備の壁, 決済, センター, 貿易, ライフスタイル, 市場

関連のエクストラ

質問

  • 中世の人が何を使えませんでしたか。
  • どれが一般的な中世ヨーロッパの町にありましたか。
  • 中世の町に何が人気でしたか。
  • 中世ヨーロッパの町にどの野菜がありませんでしたか。
  • 中世ヨーロッパの町にどの果物がありませんでしたか。
  • 中世ヨーロッパの町にどの料理が作られませんでしたか。
  • 中世ヨーロッパの町にどの野菜がありましたか。
  • どの祭りの起源は中世のではありませんか。
  • 中世ヨーロッパにはどの薬味がありませんでしたか。
  • さらし台は何でしたか。
  • 中世ヨーロッパに、どの職業はありませんでしたか。
  • 中世ヨーロッパに、どの職業はありませんでしたか。
  • 中世ヨーロッパに、どの職業はありませんでしたか。
  • ギルドは何でしたか。
  • 製革業者の仕事は何でしたか。
  • 桶屋の仕事は何でしたか。
  • 車大工の仕事は何でしたか。
  • 中世の始まりはいつでしたか。
  • 中世の終わりはいつでしたか。
  • 第1次十字軍がいつでしたか。

シーン

中世都市

中世の町の日常生活

中世ヨーロッパの町は10世紀-11世紀ごろ発達し始めました。この時、職人と工芸家を含む新しい社会階層が出現し、貿易が急に栄え始めた。壁で囲まれて、他の集落より権力があった町が中世の住人の日常生活を表していました。
教会、市役所、ギルドと市場以外に、町の通りも特徴的でした。建物が隙間なく、すぐ隣に建てられました。道路が舗装されなくて、下水道がありませんでした。日常的な活動もほぼ通りに行われた:技術家と弟子が家の一階にある工房で働き、商人は通りにあるテントか店で商品を売り、カートが走り、カナルの両方に家畜と子供たちがいました。中世の町が賑やかでしたが、汚かったです。

アニメーション

  • 地下室
  • 工房
  • 生活圏
  • 屋根裏部屋

散歩

中世の職人

中世前期に、職人は荘園に働きました。その後、少しづつ町に移動しました。町の中で、高まる需要のおかげで、商品が売りやすくなりました。自分の家の一階にあった工房で働き、自分で作った道具を使っていました。最初、仕事のすべての段階が一人でしました。その後、助手と見習いが雇われました。同じ専門の職人が同じ通りに住み始めました。
町の職人は日常生活に必要な道具、物、布と革の物が全部生産しました。作っている商品の質が非常に良かったです。壁には専門のシンボルがありました。その後、同じ業をしている職人がギルドという団体を設立しました。

家の断面図

  • 地下室
  • 工房
  • 生活圏
  • 屋根裏部屋

中世の住宅

住宅の部屋を壁にある突き出し燭台やシャンデリアに入れたろうそくで明るく照らしいました。一般的に獣脂ろうそくが使われ、蜜ろうろうそくが祝日にしか使用されませんでした。裕福な住民の家には机、ひじかけ椅子、彫刻され色が塗られた箱、ベッドと棚がありました。15世紀から箱の代わりにたんすが使われ始めました。天蓋付きベッドは寝ている人をムシから守っていた。部屋がタペストリーとカーペットで飾られていました。(床にも敷物がある家がありました。)
裕福な住民の家は彫刻されたドアや窓枠、きれいな錠で飾られていました。

裕福な住民の家の二階か三階に台所がありました。(このような台所で、煙がよく問題を起こしました)。が瓦、木材や鉄でできました。
台所の道具が壁に掛けられたり、ストーブの隣の棚に置かれたりしました。薬味が飾り棚に貯蔵されました。料理を作るとき、ゴミが窓から道路に捨てられました。家の隣に、庭があった場合は、そこに野菜を植えたり、家畜を育てたりしました。庭がなかった場合は、市場で野菜を買いました。裕福な住民が一日二回、朝の10時にと夕方の6時に食事をしました。肉(豚肉、牛肉)は最も人気でしたが、魚、野菜と果物もよく食べました。

街路

中世の住宅

中世の町に建てられた住宅が一般的に梁の格子を持ち、石や煉瓦からなっていました。屋根が瓦やスレートで覆われました。より裕福な住人が二〜三階建ての建物に住み、庶民は一階建ての家に住んでいました。工房と店が裕福の家の一階にありました。台所と部屋が工房の上にありました。地下室は食料品の貯蔵のために使われていました。
住人の家のドアが鉄の装飾で飾られていました。どの階でも窓が何個かあり、これを通じて部屋に新鮮な空気と光を通していました。ガラスは貴族の家にしかなくて、一般の人が窓を布で覆われました。床が板材や石製タイルで覆われた。部屋の壁は白塗りされました。裕福な家の壁は絵で飾られていました。

ナレーション

中世ヨーロッパの町は10世紀-11世紀ごろ発達し始めました。この時、職人と工芸家を含む新しい社会階層が出現し、貿易が急に栄え始めた。壁で囲まれて、他の集落より権力があった町が中世の住人の日常生活を規定しました。
教会、市役所、ギルドと市場以外に、町の通りも特徴的でした。建物が隙間なく、すぐ隣に建てられました。道路が舗装されなくて、下水道がありませんでした。 日常的な活動もほぼ通りに行われた:職人と生徒が家の一階にある工房で働き、商人は通りにあるテントか店で商品を売り、カートが走り、カナルの両方に家畜と子供たちがいました。中世の町が賑やかでしたが、汚かったです。

中世の町に建てられた住宅が一般的に梁の格子を持ち、石や煉瓦からなっていました。屋根瓦やスレートで覆われました。より裕福な住人が二〜三階建ての建 物に住み、小民が一階建ての家に住んでいました。工房と店が裕福の家の一階にありました。台所と部屋が工房の上にありました。地下室は食料品の貯蔵のた めに使われていました。
住人の家のドアが鉄の装飾で飾られていました。どの階でも窓が何個かあり、これを通じて部屋に新鮮空気と光を通していました。 ガラスは貴族の家にしかなくて、一般の人の窓が布で覆われました。床が板材や石製タイルで覆われた。部屋の壁は白塗りされました。裕福な家の壁は絵で飾られていました。

関連のエクストラ

中欧の中世都市

狭い道路と色付きの家が中世都市に特有な雰囲気を与えました。

中世の居住された橋 (ロンドン橋、16世紀)

テムズ川にかかるロンドン橋の上にテューダー朝の統治下に建物が約200軒建築されました。

交差点

空間知覚を発達させるアニメーション。

中世の農家

中世の農家はシンプルで、一階建ての建物でした。一般的に、土、泥や木材から建築されました。

中世のかじ屋

人間の史上初の職業の一つである鍛冶屋の仕事は中世の間に、もっと重要になりました。

中世のヴェネツィア

中世のヴェネツィアは盛大な沿海貿易のおかげで豊富になりました。

グーテンベルグの印刷業 (マインツ、15世紀)

ライフ誌によると、グーテンベルグが開発した活版印刷技術は2000年の歴史の中で最も画期的な出来事でした。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、10-12世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、13世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

腺ペストとして知られている細菌性疾患は、人類の歴史の中で最悪の感染症の一つです。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、5-10世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の衣服(西ヨーロッパ、14世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の衣服(西ヨーロッパ、15世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

現在はドボロブニクと呼ばれているクロアチアの都市が素晴らしい建築と綺麗な外観で知られています。

ブラチスラバ (18世紀、ハンガリー王国)

ブラチスラバは18世紀のハンガリー王国の首都でした。

ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔の魅力的な歴史はおよそ1000年間に渡ってかかっています。

市場町 (ハンガリー王国)

市場町は中世後期のハンガリー王国において最も一般的な町の種類でした。

Added to your cart.