植物の生活環

植物の生活環

コケ、シダ、裸子植物と被子植物は世代交代を行って発達します。

生物

キーワード

ライフサイクル, コケ, 裸子植物, 被子植物, シダ, 個体発生, 受精卵, 胞子体世代, 配偶体, 再生, コア, コー​​ン, 半数体, 胞子, 卵, 精子, プロタリウム, 花粉管, 胚珠, 二倍体, 栄養細胞, 生殖細胞, 植物, 生物

関連のエクストラ

シーン

植物

  • コケ
  • シダ
  • 裸子植物
  • 被子植物

維管束植物の生活サイクルにおいて、世代交代を行います。世代交代で、無性世代と有性世代に切り替えます。無性世代胞子により交配します。胞子から配偶子を生産する有性世代へ発達します。受精受精卵が形成され、無性世代が発達し、生活環が新しく始まります。

胞子体世代は二つの配偶子から相同染色体を1組、1組ずつ与えられます。そのため、この生物二倍体と言います。 無性世代の二倍体細胞は減数分裂で単相な胞子を形成します。胞子から単相な配偶体が発達します。

コケの生活環

  • 成長したコケ植物
  • 剛毛
  • 胞子嚢
  • 胞子
  • 幼いコケ植物
  • 男性生殖器 (♂)
  • 女性生殖器 (♀)
  • 精子
  • 受精卵
  • 胞子体
  • 配偶体

コケは最も単純な陸上植物です。分化した組織と本当の臓器がありません。これらの生物の分化していない栄養組織は葉状体と呼ばれています。成長したコケは単相な配偶体の生物です。

この生物には配偶子(精子と卵子)を生産する原始的な男性生殖器と女性生殖器がありますが、これらも本当の臓器ではありません。受精のためには水が不可欠です:精子は女性生殖器の中にある卵まで水中に泳ぐことができます。これは走化性の一種です。なぜならば、精子の動きは卵の環境から発生する化学的刺激への答えです。

受精卵二倍体胞子体へ発達し、剛毛胞子嚢が発育されます。胞子嚢が成長すると、開かれます。そして減数分裂を行いながら、中に育った胞子は土に落ちてきます。これらは新しい単相な配偶体に、所謂単数体コケ植物へ発達します。

コケの場合は、有性世代は最も発達しているので、胞子体より優性です。

シダの生活環

  • シダ
  • 胞子嚢の集まり (sorus)
  • 胞子嚢
  • 胞子
  • 若い前葉体
  • 女性生殖器 (♀)
  • 男性生殖器 (♂)
  • 精子
  • 受精卵
  • 成長しているシダ

維管束植物であるシダ組織臓器がある植物です。シダ植物胞子体世代です。一倍体胞子は葉の裏面にある胞子嚢の中で、減数分裂によって形成されます。胞子嚢が開くと、胞子が土に落ち、配偶体世代である前葉体に発達します。前葉体には男性生殖器と女性生殖器があります。がある環境で、精子は女性生殖器まで泳ぎ、卵を受精させることによって受精卵は形成されます。その後、受精卵は二倍体シダ植物に発達し、前葉体は分解します。

シダの生活環、胞子体有性世代よりも発達し、優性です。

裸子植物の生活環

  • 成長した裸子植物
  • 種子錐 (♀)
  • 花粉錐 (♂)
  • 心皮
  • 胚珠
  • 減数分裂
  • 大胞子
  • 小胞子
  • 気孔がある花粉粒
  • 受精卵
  • 羽付きの種
  • 実生

裸子植物の生活環はシダと同様に、胞子体世代の方が発達します。しかし、裸子植物の受精に水が必要ありません。裸子植物には性別の胞子があります。これらは心皮と呼ばれる特徴的な生殖器管に形成されます。心皮は種子錐花粉錐を形成します。

種子錐の心皮のもとにある胚珠の中で大胞子が発達します。すべての胚珠の中には四つの大胞子があります。これらの大胞子の一つから卵細胞が形成されます。

花粉錐の心皮には小胞子が含まれています。これらの中で、小胞子減数分裂によって形成されます。その後、小胞子は花粉粒へ発達します。精子は花粉粒の細胞の一つから発達します。授粉の間、花粉粒によって種子錐に運送されますが、実際その一部しか種子錐に届いていません。これらの花粉粒から花粉管が現れ、胚珠を通じて卵細胞の方へ成長します。精子は花粉管を通り、卵を受精させます。受精の後、受精卵から羽付き種子が発達ます。種子の発達は三年間ほどかかります。成長したら種子錐から土に落ち、新しい植物ができます。

被子植物の生活環

  • 花糸
  • 花粉粒
  • 子房
  • 胚珠
  • 反足細胞
  • 中心的な2倍体細胞
  • 助胎細胞
  • 花粉管
  • 花粉粒
  • 種子
  • 真果
  • 実生
  • 成長した被子植物

被子植物は裸子植物の胞子嚢穂より、中に発達している配偶子に強い保護を提供しています。配偶子は開いている心皮の上ではなく、閉まっている子房と葯の中に成長するからです。

雌しべの下にある子房には胚珠が含まれています。胚珠の中で、減数分裂に通じて四つの大胞子が形成されます。この中の一つは実用的です;細胞核は有糸分裂を行い、細胞核八個ある大きな細胞が形成されます。胚珠の入り口に最も近い細胞核から卵細胞が形成されます。八つの細胞の中で最も重要なのは卵子とその周辺の細胞です。

雄しべには減数分裂を通じて小胞子が形成されます。小胞子が成熟すると、細胞核は有糸分裂を行い、花粉管核生殖核が形成されます。この点では、小胞子花粉です。花粉粒の中で、生殖核減数分裂を行い、二つの精子を形成します。

花に授粉すると、花粉粒は雌しべの上に落ちてきます。花粉粒から花粉管が生えて、胚珠の方に伸びます。花粉管を通じて精子が二つ胚珠の方に進み、その中の一つは卵子を受精させ、もう一つは中心的な細胞を受精させます。これは 重複受精と言います。

受精の後、種子を含む果実は発達し始めます。種子は発芽するとき、新しい被子植物の発達が始まります。

関連のエクストラ

コケとシダの生活サイクル

アニメーションはコケとシダの生活サイクルを比較し、植物の一般的な生活サイクルを分かりやすく説明します。

花粉

花粉は植物の卵子を受精する役割をします。花粉が植物によって様々な形、サイズ、特徴を持っています。

被子植物の花

このアニメーションは、被子植物の異なる花の種類を紹介しています。

リンゴの木

リンゴは世界で最も多く食べられている果物の一つです。

ヨーロッパアカマツ

世界で最も広く分布しているマツ類の一つです。ユーラシアが原産となっています。

植物の栄養器官

これらの器官は植物が生きるためや成長に必要です。

禾穀類

イネ科に属する禾穀類は食用となる種子のために栽培されている。

Added to your cart.