ガウガメラの戦い(紀元前331年)

ガウガメラの戦い(紀元前331年)

作戦的な名作とも思われている戦いで、アレクサンドロス大王はペルシアに対して決定的な勝利を得ました。

歴史

キーワード

ガウガメラの戦い, アレクサンドロス3世, アレクサンドル3世, ダレイオス3世, 331 紀元前, ガウガメラ, マケドニア王国, ペルシア帝国, ペルシア人, マケドニア人, 反 トラスト, ファランクス, ホープテイツ, 射手, ウォーワゴン, ヘタイロイ, 歩兵隊, 騎兵隊, ベッソス, パルメニオン, マザイオス, 戦闘象, 4紀元前世紀, 軍事作戦, 戦争, 戦史, 戦略, 戦術, 歴史, 古代, イラク

関連のエクストラ

シーン

ガウガメラ

  • ギリシャ‐マケドニア軍
  • ペルシア軍

アレクサンドロス3世紀元前334年に有名になった征服を始めました。その目的とは、ペルシア帝国を支配することでした。二つの軍の間での決定的な勝負ガウガメラの近くの平野で行われていました。アレクサンドロス大王の「作戦的な名作」とも呼ばれる戦いは勢力の不均衡にもかかわらずに、マケドニア軍の勝利で終わりました。ペルシア帝国の運命は決定されました。

ペルシア王は戦場から逃亡しましたが、アレクサンドロス大王は追いかけていました。その一年後、バクトリアの総督、ベッソスはダレイオスを逮捕し、殺害しました。アレクサンドロス大王はダレイオスの遺体をペルセポリスに搬送し、王としての葬式を挙げていました。逆に、殺害していたベッソスは重罰を受けるようになりました。

ギリシャ‐マケドニア軍

  • 防衛用の左翼 (パルメニオン)
  • 斜めのファランクス
  • 後ろの補助ファランクス
  • 攻撃用の右翼 (アレクサンドロス大王とヘタイロイ)

ヘタイロイ

ギリシャ語でヘタイロイと呼ばれる重騎兵はアレクサンドロス大王の成功には重要な役割を果たしていました。ヘタイロイはマケドニアの貴族の息子たちに形成されたエリートの騎兵隊でした。戦いでは直接アレクサンドロスに率いられました。

ペルシア軍

  • 左翼(騎兵隊、ベッソス)
  • 戦車(ダレイオス3世)と戦象
  • ペルシアの歩兵隊
  • 右翼(騎兵隊、マザイオス)

古代の戦車

戦象の使用は紀元前2000年前から始まりました。ペルシア人はおそらくこの作戦をインド人から受け入れたと考えられています。ガウガメラの戦いで、戦象を15頭使っていました。戦いの前の夜にはアレクサンドロスは戦象のために恐怖の神であるフォボスに犠牲をささげました。

戦いの段階

  • 防衛用の左翼
  • 斜めのファランクス
  • 後ろの補助ファランクス
  • 攻撃用の右翼
  • 左翼
  • 戦車と戦象
  • ペルシアの歩兵
  • 右翼

ナレーション

戦いの段階

第1段階

マケドニア軍の斜めファランクスはペルシア軍の方へ進み始めました。戦車と戦象は前進を止めることができませんでした。

第2段階

ペルシア軍の包囲作戦も期待していた結果をもたらしていませんでした。アレクサンドロス大王はヘタイロイと一緒にペルシア軍の弱点を見つかり、その線を敗れました。

第3段階

ペルシア軍の一部はファランクスを破り、マケドニア軍のキャンプに入りました。ペルシア軍の騎兵隊はマケドニア軍の左翼を攻撃しました。

第4段階

アレクサンドロス大王の重騎兵はペルシア軍の騎兵を後ろから攻撃しました。ダレイオス三世は戦車の運転手をなくしたあと、戦場から逃亡しました。

関連のエクストラ

マケドニアの戦士 (紀元前4世紀)

古代マケドニアの戦士は恐れられて有名になりました。

ペルシアの戦士 (紀元前5世紀)

古代ペルシア軍の戦士は上手な弓の射手でした。

ギリシャとマケドニアの方陣

方陣は古代ギリシャの重装歩兵の隊形でした。

マケドニア王国

歴史上の征服者と国王、アレクサンドロスは巨大な王国を建設しました。

ペルシアの統治者 (紀元前5世紀)

古代ペルシアの統治者は帝国の大きさと豊富な宝に有名になりました。

イッソスの戦い (紀元前333年)

イッソスの戦いで、マケドニア軍はペルシア軍を率いるダレイオス3世を破りました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

マケドニアの攻城塔 (紀元前4世紀)

アレクサンドロス大王に率いた軍隊は攻撃中に攻城塔を成功して使っていました。

歴史的な地形図 (戦い、世界史)

歴史上の有名な戦いの場所を白地図で探しましょう。

Added to your cart.