原油タンカー

原油タンカー

原油タンカーは19世紀に現れ、現在は最も大きな船の一つです。

技術

キーワード

タンカー, オイルタンカー, 油層, 環境汚染, 自然災害, 運送, 石油, 災​​害, 水上交通, 海上輸送, デッキ, レーダー, 筏橋, 船舶, 海洋, 海, 経済, 技術

関連のエクストラ

シーン

原油タンカー

海上運送が貿易と旅行において古代から重要な役割を果たしていました。近代の初めである大航海時代の結果として行われた完全な変化をもたらしました。20世紀の後半に、この運送方法における本当の革命が行われました。

最初の原油タンカーは1880年に製造され、バルク液体を運送するために設計されました。第二次世界大戦後、バルク液体(主に原油)を運送するタンカーと品物を大量に運送するコンテナ船が大量で生産されました。

船の新しいタイプの出現と共に、負荷損荷役時間費用減少化しました。唯一の欠点なのは納期が長いです。これらの巨大な船世界中運送し、航路が大きな港から始まりました。

上面図

原油タンカーの平均的な長さが200‐400メートルであり、が30‐70メートルであり、通風が15‐30メートルです。速度が15‐16ノット(28‐30km/h)でした。

胴体に関する最も主要な考慮は平衡安全性を保つこと、そして積載重量のできる限り増加することでした。最も大きな原油タンカーは経済的(石油の値段の高さ)と政治的な理由(スエズ運河の閉鎖)により1970年代に製造されました。長さが456メートルのシーワイズ・ジャイアントという最大のタンカーは1979年に製造されました。

甲板

原油タンカーは現在、パイプラインの次に最も重要な輸送機関です。胴体に関する主として考慮されるものは機能性安全性でした。船橋乗員の部屋燃料タンクがタンカーの後部に位置し、貨物バラストタンクは船の大部分を占めています。デッキの大部分は平らであり、上にはパイプライン、石油の輸送に必要なホース、バルブと通路がありました。

サイズ

  • タイプ - DWT:重量トン、船の最大積載量を示します。(船の重量が含まれていないが、貨物、燃料、バラスト、水ト乗員の重量が含まれています。)
  • 収容能力
  • パナマックス: 60,000 – 80,000 DWT
  • アフラマックス: 80,000 – 120,000 DWT
  • スエズマックス: 120,000 – 200,000 DWT
  • VLCC: 200,000 – 315,000 DWT
  • ULCC: 315,000 – 520,000 DWT
  • 3,975,000 - スエズマックス型のタンカーの貨物になる石油で、燃料タンクが60リットルの自動車のタンクが満たされます。

石油タンカーがサイズによって分類されています。VLCCとULCCというタイプを含むスーパータンカーが世界中複数の港にしか入れません。サイズが大きいため、これらのタンカーが細い運河を通過できません。パナマックスアフラマックススエズマックスを含むより小さいタンカーがより小さな港に入り、より細い運河を通過できます。名前が使っているルートにちなんでつけられました。

事故

  • 原油タンカーに関する大きな事故
  • アトランティック・エンプレス - 流出された石油の量:287000トン。事故の日:1979年7月19日。
  • ABTサマー - 流出された石油の量:260000トン。事故の日:1991年5月28日。
  • カストロ・デ・ベルバー - 流出された石油の量:252000トン。事故の日:1983年6月8日。
  • アモコ・カディス - 流出された石油の量:223000トン。事故の日:1978年3月16日。
  • ヘブン - 流出された石油の量:144000トン。事故の日:1991年4月11日。
  • オデッセイ - 流出された石油の量:132000トン。事故の日:1988年11月10日。
  • トリー・キャニオン - 流出された石油の量:119000トン。事故の日:1967年3月18日。
  • シー・スター - 流出された石油の量:115000トン。事故の日:1972年12月19日。
  • ウルキオラ - 流出された石油の量:100000トン。事故の日:1976年5月12日。
  • イレネス・セレナデ - 流出された石油の量:100000トン。事故の日:1980年2月23日。
  • ハワイアン・パトリオット - 流出された石油の量:95000トン。事故の日:1977年2月23日。
  • インデペンデンタ - 流出された石油の量:95000トン。事故の日:1979年11月15日。
  • ヤコブ・マースク - 流出された石油の量:88000トン。事故の日:1975年1月29日。
  • M/V ブレア - 流出された石油の量:85000トン。事故の日:1993年1月5日。
  • Khark5 - 流出された石油の量:80000トン。事故の日:1989年12月19日。
  • エーゲシー - 流出された石油の量:74000トン。事故の日:1992年12月3日。
  • シー・エンプレス - 流出された石油の量:72000トン。事故の日:1996年2月15日。
  • ノヴァ - 流出された石油の量:70000トン。事故の日:1985年12月6日。
  • カティナ P. - 流出された石油の量:67000トン。事故の日:1992年4月19日。
  • M/V プレステージ - 流出された石油の量:64000トン。事故の日:2002年11月15日。
  • エクソンバルディーズ - 流出された石油の量:37000トン。事故の日:1989年1月23日。
  • ヘーベイ・スピリット - 流出された石油の量:11000トン。事故の日:2007年12月7日。

アニメーション

  • エーレスンド海峡
  • ボスポラス海峡
  • スエズ運河
  • ホルムズ海峡
  • バブ・エル・マンデブ海峡
  • マラッカ海峡
  • パナマ運河
  • 喜望峰
  • アラビア半島
  • ナイジェリア
  • リビア
  • ベネズエラ
  • 北海の油田
  • 原油タンカーに関する大きな事故
  • アトランティック・エンプレス - 流出された石油の量:287000トン。事故の日:1979年7月19日。
  • ABTサマー - 流出された石油の量:260000トン。事故の日:1991年5月28日。
  • カストロ・デ・ベルバー - 流出された石油の量:252000トン。事故の日:1983年6月8日。
  • アモコ・カディス - 流出された石油の量:223000トン。事故の日:1978年3月16日。
  • ヘブン - 流出された石油の量:144000トン。事故の日:1991年4月11日。
  • オデッセイ - 流出された石油の量:132000トン。事故の日:1988年11月10日。
  • トリー・キャニオン - 流出された石油の量:119000トン。事故の日:1967年3月18日。
  • シー・スター - 流出された石油の量:115000トン。事故の日:1972年12月19日。
  • ウルキオラ - 流出された石油の量:100000トン。事故の日:1976年5月12日。
  • イレネス・セレナデ - 流出された石油の量:100000トン。事故の日:1980年2月23日。
  • ハワイアン・パトリオット - 流出された石油の量:95000トン。事故の日:1977年2月23日。
  • インデペンデンタ - 流出された石油の量:95000トン。事故の日:1979年11月15日。
  • ヤコブ・マースク - 流出された石油の量:88000トン。事故の日:1975年1月29日。
  • M/V ブレア - 流出された石油の量:85000トン。事故の日:1993年1月5日。
  • Khark5 - 流出された石油の量:80000トン。事故の日:1989年12月19日。
  • エーゲシー - 流出された石油の量:74000トン。事故の日:1992年12月3日。
  • シー・エンプレス - 流出された石油の量:72000トン。事故の日:1996年2月15日。
  • ノヴァ - 流出された石油の量:70000トン。事故の日:1985年12月6日。
  • カティナ P. - 流出された石油の量:67000トン。事故の日:1992年4月19日。
  • M/V プレステージ - 流出された石油の量:64000トン。事故の日:2002年11月15日。
  • エクソンバルディーズ - 流出された石油の量:37000トン。事故の日:1989年1月23日。
  • ヘーベイ・スピリット - 流出された石油の量:11000トン。事故の日:2007年12月7日。
  • タイプ - DWT:重量トン、船の最大積載量を示します。(船の重量が含まれていないが、貨物、燃料、バラスト、水ト乗員の重量が含まれています。)
  • 収容能力
  • パナマックス: 60,000 – 80,000 DWT
  • アフラマックス: 80,000 – 120,000 DWT
  • スエズマックス: 120,000 – 200,000 DWT
  • VLCC: 200,000 – 315,000 DWT
  • ULCC: 315,000 – 520,000 DWT
  • 3,975,000 - スエズマックス型のタンカーの貨物になる石油で、燃料タンクが60リットルの自動車のタンクが満たされます。

構造

  • 船首
  • かじの身木
  • レーダー
  • マストヘッドのライト
  • 排気筒
  • 船橋
  • プロペラ
  • 輸送管路

断面図

エクソン・ヴァルディーズという石油タンカーは1989年に浅瀬に乗り上げり、アラスカの海岸に37000トンの石油が海へ流出されました。この事故の後、胴体が二重になっているタンカーが現れ、使用されました。石油が内部の胴体に保管され、このように環境を汚染事故から保護します。貨物倉がいっぱいになっている時、二重の胴体の壁の間にあるバラストタンクが空です。しかし、貨物倉が空、または一部にしか満たされていない場合は、バラストタンクには適切な量のバラスト水が入っています。

ルート

  • エーレスンド海峡
  • ボスポラス海峡
  • スエズ運河
  • ホルムズ海峡
  • バブ・エル・マンデブ海峡
  • マラッカ海峡
  • パナマ運河
  • 喜望峰
  • アラビア半島
  • ナイジェリア
  • リビア
  • ベネズエラ
  • 北海の油田

ナレーション

海上運送が貿易と旅行において古代から重要な役割を果たしていました。近代の初めである大航海時代の結果として行われた完全な変化をもたらしました。20世紀の後半に、この運送方法における本当の革命が行われました。

最初の原油タンカーは1880年に製造され、バルク液体を運送するために設計されました。第二次世界大戦後、バルク液体 を運送するタンカーと品物を大量に運送するコンテナ船が大量で生産されました。

船の新しいタイプの出現と共に、負荷損荷役時間費用減少化しました。唯一の欠点なのは納期が長いです。これらの巨大な船世界中運送し、航路が大きな港から始まりました。

原油タンカーの平均的な長さが200‐400メートルであり、が30‐70メートルであり、通風が15‐30メートルです。速度が15‐16ノット でした。

胴体に関する最も主要な考慮は平衡安全性を保つこと、そして積載重量のできる限り増加することでした。最も大きな原油タンカーは経済的 と政治的な理由 により1970年代に製造されました。長さが456メートルのシーワイズ・ジャイアントという最大のタンカーは1979年に製造されました。

原油タンカーは現在、パイプラインの次に最も重要な輸送機関です。胴体に関する主として考慮されるものは機能性安全性でした。船橋乗員の部屋燃料タンクがタンカーの後部に位置し、貨物バラストタンクは船の大部分を占めています。デッキの大部分は平らであり、上にはパイプライン、石油の輸送に必要なホース、バルブと通路がありました。

エクソン・ヴァルディーズという石油タンカーは1989年に浅瀬に乗り上げり、アラスカの海岸に37000トンの石油が海へ流出されました。この事故の後、胴体が二重になっているタンカーが現れ、使用されました。石油が内部の胴体に保管され、このように環境を汚染事故から保護します。貨物倉がいっぱいになっている時、二重の胴体の壁の間にあるバラストタンクが空です。しかし、貨物倉が空、または一部にしか満たされていない場合は、バラストタンクには適切な量のバラスト水が入っています。

石油タンカーがサイズによって分類されています。VLCCとULCCというタイプを含むスーパータンカーが世界中複数の港にしか入れません。サイズが大きいため、これらのタンカーが細い運河を通過できません。パナマックスアフラマックススエズマックスを含むより小さいタンカーがより小さな港に入り、より細い運河を通過できます。名前が使っているルートにちなんでつけられました。

関連のエクストラ

港湾

港湾には要求されているサービスや基本的な設備が提供されます。

交通網

このアニメーションは主な航空路、水路や陸上の道路を紹介します。

コンテナ船

コンテナ船は地球全体にネットワークを形成しました。

スエズ運河

スエズ運河は紅海と地中海をつなぐ人工的な水路です。

灯台

灯台は沿岸水の航海法のために利用されます。

パナマ運河

パナマ運河は太平洋と大西洋の間の航路を短くする人工的な河川です。

石油プラットフォーム

プラットフォームの中心的な長い管は石油を含む海底の地層まで入り込みます。

石油精製

原油を精製してディーゼル油、ガソリン、潤滑油などが製造されます。

油井の操作

原油を地面に吸い上げる装置です。

英仏海峡トンネル

英仏海峡トンネルは50.5キロメートルの長さがある鉄道トンネルであり、イギリスとフランスを繋ぎます。

RMS クイーン・メリー2 (2003年)

建造の時、一番大きな遠洋航行船でした。

ビレーム (古代の軍艦)

ビレームは古代軍艦の一種であり、複数の軍隊に使われていました。鋭い艦首と二段の漕ぎ手座が特徴的でした。

ジャンク

特徴的なラグスルで搭載された帆船は軍事的な目的と貿易にも利用されていました。

帆船

初めて17世紀にオランダに建築されたスクーナー船は主に商船として使われていました。

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

クラーモント号 (1807年)

アメリカの技術者、ロバート・フルトンは最初の実用汽船を製作しました。

タイタニック号 (1912年)

RMSタイタニックは20世紀の初めごろの最も大きな乗客船でした。

ミズーリ (米国、1944年)

第二次世界大戦で就役されたミズーリ戦艦は湾岸戦争にも使われていました。

オハイオ (米国、1979年)

20世紀の真中ぐらいに、アメリカ海軍が初めてとして原子力機関を潜水艦に搭載しました。

湖水汽船 (1846年)

ハンガリーの初めての湖水汽船が1846年から使用されていました。

USS タラワ LHA-1 (1976年)

1940年代から、次第に大きくなった航空母艦は海洋の支配者となりました。

Added to your cart.