新石器時代の集落

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

歴史

キーワード

新石器時代, 決済, 村, 住んでいる場所, 住居, コミュニティ, 掘削, 聖域, 農業, 壁画, 日干しれんが, 先史時代, ライフスタイル, 畜産, 考古学, 防衛, 安全

関連のエクストラ

シーン

関連のエクストラ

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

一本の道路の村

谷に建築された集落に属している畑は家の裏にあり、細長かったです。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

ノアの方舟

聖書によって、ノアが神の命令によって方舟を作り、大洪水に助けるために家族と動物を載せていました。

ヒトの進化

人間の脳と頭蓋骨は進化中、大きく変化しました。

ウル (紀元前3千年紀)

ユーフラテス川の近くに位置したウル市はシュメール人の重要な中心でした。

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

古代エジプトの住宅

古代エジプトで、一般的な住宅にはきちんと分けられた部屋が複数ありました。

メソポタミアの発明品 (紀元前3千年紀)

古代メソポタミアに開発された単純な装置は現在も使われています。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

バビロン (紀元前6世紀)

古代都市であるバビロンはメソポタミアでユーフラテス川の沿岸に建設されました。

Added to your cart.