ハプスブルク王家の夫婦(19世紀)

ハプスブルク王家の夫婦(19世紀)

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と美しいエリザベートは1854年にウィーンで結婚しましたが、結婚は残念ながら不幸でした。

歴史

キーワード

ハプスブルク皇居のカップル, フランツ・ヨーゼフ, エリザベス, ハプスブルク, シシ, ウィーン, 女王, 君主制, オーストリア, 天皇, 皇后, 王朝, リーダー, 帝国, 王女, Hungarians, 君主, クラウン

関連のエクストラ

質問

  • 以下の中で、だれがフランツ・ヨーゼフ1世の同時期の人でしたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世は何歳の時亡くなりましたか。
  • エリーザベト皇后は誰に暗殺されましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世はいつオーストリアの皇帝として統治しましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世はいつ皇帝として冠されましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世の前の皇帝は誰でしたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世の後の皇帝は誰でしたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世はどの王族に属しましたか。
  • 以下の中で、どれがフランツ・ヨーゼフ1世を示していませんか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世はどこで生まれましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世はどこで亡くなりましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世の死因は何でしたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世は何年間統治しましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世の統治下で、どの戦争がありましたか。
  • 以下の中で、どれがフランツ・ヨーゼフ1世の統治下で行った出来事ではありませんか。
  • エリーザベト皇后はどこで生まれましたか。
  • エリーザベト皇后はどこで亡くなりましたか。
  • エリーザベト皇后はどのように亡くなりましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベトの間で子供が何人生まれましたか。
  • ホーフブルク宮殿はどこで位置していますか。
  • オーストリアの元皇宮宮殿は何でしたか。
  • エリーザベト皇后はどこに旅行をしませんでしたか。
  • ハプスブルク家の紋章にはどの動物が見られますか。
  • ハプスブルク家の最初の統治者は誰でしたか。
  • 以下の中で、だれがフランツ・ヨーゼフ1世の同時期の人でしたか。
  • 以下の中で、どれがフランツ・ヨーゼフ1世に関して本当ですか。
  • 以下の中で、どれがエリーザベトの名前の一部ではありませんでしたか。
  • エリーザベト皇后の愛称は何でしたか。
  • エリーザベト皇后は何歳で死にましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世おエリーザベトはいつ結婚しましたか。
  • 以下の中で、どれがフランツ・ヨーゼフ1世の統治下で行った出来事ではありませんか。
  • エリーザベト皇后はどの王族に属していましたか。
  • フランツ・ヨーゼフ1世と結婚する前に、エリーザベトの公式な称号は何でしたか。
  • ハプスブルク家の名称の由来は何ですか。

シーン

国王夫妻

ハプスブルク王族は10世紀に遡ります。王族は現在のスイス、アールガウ州に位置するハビヒツブルク城に由来します。

王族の最初の王はドイツの王、ルドルフ1世1273年に統治者となりました。その後、ハプスブルク王族から神聖ローマ帝国、チェコ、ハンガリー、スペインとポルトガルの統治者となった人物も多かったです。

16世紀には、王族はオーストリアスペインの枝に分かれていました。オーストリアでの中心はウィーンにあるホーフブルク宮殿でした。

1736年に、ロレーヌ公、フランツ・シュテファンとオーストリア大公、マリア・テレジアの結婚によってロレーヌ家が成立されました。それ以降、1806年まで、すべての神聖ローマ皇帝がこの王族からでした。その上、1918年まで、すべてのオーストリアの大公、ハンガリーとボヘミアの王とオーストリアの皇帝がこの王族から出ました。

皇帝

ハプスブルク・ロレーヌ家のフランツ・ヨーゼフ1世1830年8月18日にウィーンで生まれました。フランツ・カール大公とバイエルン王女であるゾフィー大公妃の長男として生まれました。

フェルディナント1世の退位と母親の介入のため、フランツ・ヨーゼフは相伝にかかわらず1848年12月にオーストリアの皇帝となりました。若い年齢にもかかわらず、慎重な統治者となりました。

1867年に実施された協定の後、オーストリア=ハンガリー帝国が創立されたため、ハンガリー王としても即位しました。

重症肺炎でなくなった1916年まで統治しました。68年間渡って統治したのは、ハプスブルク王族の歴史で最も長い統治期間でした。

皇后

エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハは1837年12月24年にミュンヘンで、ヴィッテルスバッハ家傍系のバイエルン公マクシミリアンとバイエルン王女ルドヴィカの次女として生まれました。ヴィッテルスバッハ家はドイツの最も歴史がある王族の一つでした。

1853年に、16歳の時に母と姉ヘレーネと一緒にオーストリアの皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世との出会いに行きました。皇帝が24歳の誕生日の時、美人で賢いエリーザベトに結婚を申し込みました。1854年4月24日に、ウィーンのセント・オーガスチン教会で結婚しました。

最初は幸せな結婚生活を送り、1855年に17歳で長女ゾフィー・フリーデリケを出産し、その一年後ギーゼラが生まれました。長男ルドルフが1858年に、三女マリー・ヴァレリーが1868年に生まれました。

ゾフィー・フリーデリケが2歳でなくなった後、シシイがショックを受けました。王宮での厳しいルールに耐えられず、時間の大部分で旅行しました。ルドルフが1889年に自殺した後、エリーザベトがずっと黒い服を着ていました。

エリーザベト皇后は1898年に、ジュネーヴ・レマン湖のほとりで、イタリアの無政府主義者、ルイジ・ルキーニに暗殺されました。

関連のエクストラ

ロココ様式の城 (フェルト-ド、ハンガリー)

城と属している公園はハンガリーの最も大きなロココ様式の建物であり、ハンガリーのベルサイユとも呼ばれています。

ハンガリーの即位の宝器

ハンガリー王の即位の宝器の中で、最も有名なのは王冠です。

メルク修道院 (オーストリア)

900年前に建築されたベネディクト会派の修道院はドナウ川の右岸に位置するメルクにあります。

オーストリアの行政区分

このアニメーションはオーストリアの行政区分を示しています。

ペルシアの統治者 (紀元前5世紀)

古代ペルシアの統治者は帝国の大きさと豊富な宝に有名になりました。

中世時代のヨーロッパの王

中世時代の王は王座に座って、王冠をかぶって、レガリアを持って描写されました。

オスマン帝国のスルタン (16世紀)

オスマン帝国の統治者はスルタンと呼ばれていました。

インドのマハラジャと妻 (18世紀)

インドの大王であるマハラジャはインドの様々な地域を統治しました。

ロシア皇帝ピョートル1世と妻

西ヨーロッパに影響により、ピョートル1世はロシア帝国を現代化しようとしました。

ルイ14世 (太陽王)

フランス王であったルイ14世は豊富で、贅沢な生活を元にして太陽王とも呼ばれていました。最も長く統治していたヨーロッパの国王でした。

モンゴルのカン(13世紀)

広大なモンゴル帝国の統治者はカンでした。

Added to your cart.