SM U-35型潜水艦 (ドイツ、1912年)

SM U-35型潜水艦 (ドイツ、1912年)

潜水艦は第一次世界大戦の時、重要な役割を果たしていました。

歴史

キーワード

潜水艦, サブ, 世界大戦, 魚雷, 潜望鏡, 船舶, Uボート, エアロック, 謎, 武器

関連のエクストラ

シーン

SM U-35型潜水艦

魚雷発射

構造

  • 潜望鏡
  • 火砲
  • 魚雷発射管
  • プロペラ
  • かじ
  • 船体
  • タワーマスト
  • 水平舵

断面図

  • 魚雷発射管
  • ディーゼル機関
  • 電池
  • 乗客の宿舎
  • 管理室
  • 魚雷

アニメーション

  • 潜望鏡
  • 火砲
  • 魚雷発射管
  • 船体
  • タワーマスト
  • 水平舵
  • 魚雷発射管
  • ディーゼル機関
  • 電池
  • 乗客の宿舎
  • 管理室
  • 魚雷

ナレーション

潜水艦は長期間潜航できる軍艦です。20世紀の始まりごろ大量で現れ始めた。研究や救助目的でも使われていたが、主に軍事目的を果たしていました。最初、潜水艦は蒸気機関で発動されました。潜水艦には第一次世界大戦中、水上にガソリン機関で、水中に電気推進エンジンで発動されました。第一次世界大戦で、潜水艦は水上にいて、戦い中だけ浸水しました。ドイツ製のU31クラスのU35型潜水艦は1912年に製造され、1914年に就役されました。

全長は約65mで、幅は7mで、全高は8mでした。重量が971トンの潜水艦は水上でディーゼル機関が2基で動かせました。水中で、電気推進エンジンが2基で発動させました。水上の最大速度は時間30kmで、水中では時間18kmでした。最大潜水深度50mでした。潜水艦は士官4人に操作させて、乗員が31人でした。最大航続距離は水上1万4千kmで、水中130kmでした。

U35の兵装には50センチの魚雷発射管4門と88mm大砲2門含まれていました。U35型は合計で224戦艦を沈没させた。Uボートの最も有名で、長く務めた艦長はロタール・フォン・アルノー・ド・ラ・ペリエールでした。彼が艦長だったとき、戦艦195隻沈没させました。有名になった理由はこれではありません。敵の商船を沈ませる前に、乗員に救命艇に乗ることを許可し、一番近い港の方向を見せました。

関連のエクストラ

潜水艦の操作

潜水艦は船体の密度を変えて、潜水したり、海面に上昇したりすることができます。

オハイオ (米国、1979年)

20世紀の真中ぐらいに、アメリカ海軍が初めてとして原子力機関を潜水艦に搭載しました。

兵器 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、新しい兵器が発達させ、軍事技術が大きく変化しました。

戦車 (第一次世界大戦)

1910年代の真中ごろ発達させた戦車は第一次世界大戦の陸上作戦に重要な役割を果たしていました。

ドイツの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

ソナーはどのように動作しますか。

このアニメーションはソナーの動作を紹介します。

フランスの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、フランスは軍事同盟であった三国協商のメンバーでした。

中世アラビアの魚雷 (ハッサン・アル・ランマ、13世紀)

中世アラビアの発明家、ハッサン・アル・ランマは世界初の魚雷を開発しました。

ユトランド沖海戦 (1916年)

イギリス海軍とドイツ海軍が戦っていたユトランド沖海戦は第一次世界大戦野最大な海戦でした。

ホバークラフト、mark III SR N4

ホバークラフトは水面上に高速で進むことができます。

イクティネオII‐潜水艦

スペインの発明家、ナルシス・ムントリオルに設計された潜水艦は水中ナビゲーションの歴史において先駆的な発明品でした。

B-24リベレーター

B-24リベレーターはアメリカ陸軍航空軍の大型爆撃機でした。大量生産され、第二次世界大戦で多くの戦線で配備されていました。

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

アヴローラ防護巡洋艦(1900年)

このロシアの防護巡洋艦は1917年10月の革命で有名になりました。

Added to your cart.