ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

技術

キーワード

ヒンデンブルク, ツェペリン, 飛行船, レイクハースト, 水素浮揚ガス, ドイツ語, 災​​害, 客室, エンジンナセル, コックピット, ガスバッグ, 燃料タンク, 技術, 歴史

関連のエクストラ

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

水素と酸素の化学反応

水素と酸素の混合物である酸水素ガスは燃焼させると爆発します。

水素分子の形成

2個の水素原子は共有結合して、水素分子が形成されます。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

モーターの飛行機 (アドルヤーン・ヤーノシュ)

「Libelle」(トンボ)という飛行機はハンガリーの航空史の画期的な飛行機でした。

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機の一つです。

エアバス A380 (2005 年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

Added to your cart.