彗星

彗星

彗星は太陽を中心として公転している特徴的な天体です。

地理

キーワード

小惑星, 流星, 彗星, Halley-üstökös, ハレー, 天文学, 太陽系, オートクラウド, 小惑星帯, 天体, エッジワース·カイパーベルト, 宇宙探査, 太陽の周りの軌道周期, 宇宙, 物理, 太陽, 地理

関連のエクストラ

シーン

太陽系

  • 彗星
  • オールトの雲 - 太陽系の境界を形成する球体状の雲です。数十億の彗星の核で構成されています。
  • カイパーベルト - 太陽系のガス惑星の軌道に裏に位置する小惑星の帯です。

我々の太陽系において、時々壮観な現象を観察できます。これらの現象の中に、彗星も含まれています。彗星は地球から肉眼で観察できる天体ですが、空には定期的にしか現れていません。

彗星

  • - コマは核とともに彗星の頭を形成します。
  • ガスの尾 - 彗星の真っすぐで、長い尾は太陽の彗星ラインで位置します。ガスで構成されています。
  • ダストの尾 - 彗星の短くて曲がっている尾です。コマから尾に流れるガスに放出されたほこりから形成されています。
  • 太陽風

彗星はコマで構成されています。太陽系の最も古い物質からできています。原始太陽系星雲の物質の一部は太陽系の外部領域に出されたとき、外部の温度は非常に低かったため、岩石の欠片ほこりと凍ったガスがくっつくようになりました。彗星の核は水氷と様々な凍結している炭素化合物などで形成されているので、形が不規則で、多孔質です。このため、彗星はよく「汚い雪玉」とも呼ばれています。

太陽に近づくと、彗星の核を構成する凍結しているガス昇華し、小さなほこりの粒子も吹きながら放出されます。これで彗星の大気のようなもの、コマが形成されます。

ガスとほこりの粒子太陽風太陽と反対の方向に流されることによって、彗星のが形成されます。彗星のは尾が二本あります。より長くて、真っすぐの尾はガスで構成され、より短く曲がっている尾はほこりでできています。ガスの尾にある気体の粒子はイオン化された状態にあるので、青っぽい光を発光します。ほこりからできている反対尾の粒子は太陽の光を反射するので、尾が明るい黄色に見えます。

軌道

  • カイパーベルト - 太陽系のガス惑星の軌道に裏に位置する小惑星の帯です。
  • 短周期彗星 - 軌道面は太陽系の対称平面に似ています。公転周期は200年以下であり、カイパーベルトを由来します。
  • 長周期彗星 - 200年を超え、数百万年以下の軌道周期を超える彗星です。オールト雲を由来します。
  • 太陽の近くにある軌道の一部

彗星の多くは一般的に太陽系外縁部にある最も離れている地帯、カイパーベルト、あるいはオールトの雲由来します。これらの領域に見られる重力不安定性のため、擾乱によって彗星が軌道を離れ、太陽系内部の方に動き始めることがあります。

彗星は軌道によって短周期彗星長周期彗星が区別されています。短周期彗星カイパーベルトを由来し、軌道周期200年より少ないので、比較的に頻繁に内部太陽系に戻ります。長周期彗星オールトの雲を由来し、軌道周期は200年と数百万年の間です。

ハレー彗星

  • 太陽
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • ハレー彗星 - 軌道周期は75.3年です。地球から最後に1986年に観察され、次は2061年に観察できます。最も早く観察できた彗星だと推定されています。
  • 太陽の近くにある軌道の一部

人に観察された最初の彗星はハレー彗星でした。肉眼でも見える彗星です。最後に地球から見えたのは1986年で、次は2061年に戻ります。軌道周期約75年です。短周期彗星の一つです。

1986年に複数の人工衛星に調べられました。集めたデーターをもとに、15x15x8キロメートルの彗星のは主に水氷からできて、核は暗く薄い殻に覆われていると分かっています。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星

  • 太陽
  • 地球
  • マルス
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星 - 現在、軌道周期は6.5年間です。1969年に発見されました。彗星の表面に初めて地球からロボットが送られました。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星はおそらくカイパーベルトからの彗星ですが、軌道が木星の重力に大きく変化されました。現在は内部太陽系に公転し、軌道周期は6.5年です。

の形はゴム製のアヒルに似ていて、実際は二つの大きな塊が接着してできました。太陽の近くを通るとき、大量の水蒸気が表面から蒸発されます。表面に測定器が送られた最初の彗星です。

木星の重力

  • シューメーカー・レヴィ彗星 - 1993年に発見されました。おそらく19070年代に木星の重力につかまれ、木星を中心とした軌道に乗りました。木星の重力によって1992年に複数の部分に引き裂けられました。彗星の部分は1994年7月に木星の南半球に衝突しました。

木星の質量は太陽系の最も外部の領域から来ている彗星の軌道を変更するほど大きいです。または、彗星を木星を中心とした軌道に乗せ、太陽系内部の惑星との衝突が避けられることもあります。木星に捕まえられた彗星の一つは1993年に発見されたシューメーカー・レヴィ第9彗星でした。おそらく1970年代に木星の重力に捕まえられて、周囲の軌道に乗りました。おそらく1992年に、木星の重力が原因で複数の欠片に分離されました。その後、1994年7月に欠片は木星の南半島に衝突しました。

彗星、小惑星、流星体

  • 彗星 - ほこりと氷でできている天体です。太陽の近くには尾が形成されます。
  • 小惑星 - 直径は1km以上ですが、惑星より小さいです。
  • 流星物質 - 小惑星より小さい物です。地球の表面に衝突すると、隕石と呼ばれています。
  • 流星 - 流星物質が地球の大気に入るとき発生する現象です。流星としても知られています。
  • 隕石 - 地球の表面に衝突し、残っている流星物質です。

多くの人は彗星小惑星流星体の違いが判ってません。

太陽の近くに形成される彗星の特徴の一つです。大きさが似ている小惑星尾がありません。小惑星が形成される場所が異なるので、構成成分も異なります。小惑星太陽の近くに形成され、彗星太陽から離れてできています。

流星体は彗星と小惑星より小さいですが、惑星間塵より大きいです。地球の大気の入るとき、空気の粒子と作用します。その結果として発生する光現象は流れ星、あるいは隕石です。流星体は大気に完全に燃えない場合は、地面まで到達します。この場合は隕石と呼ばれています。

ナレーション

我々の太陽系において、時々壮観な現象を観察できます。これらの現象の中に、彗星も含まれています。彗星は地球から肉眼で観察できる天体ですが、空には定期的にしか現れていません。

彗星はコマで構成されています。彗星の核は水氷と様々な凍結している炭素化合物などで形成されているので、形が不規則で、多孔質です。このため、彗星はよく「汚い雪玉」とも呼ばれています。

太陽に近づくと、彗星の核を構成する凍結しているガス昇華し、小さなほこりの粒子も吹きながら放出されます。これで彗星の大気のようなもの、コマが形成されます。

ガスとほこりの粒子太陽風太陽と反対の方向に流されることによって、彗星のが形成されます。彗星のは尾が二本あります。より長くて、真っすぐの尾はガスで構成され、より短く曲がっている尾はほこりでできています。ガスの尾にある気体の粒子はイオン化された状態にあるので、青っぽい光を発光します。ほこりからできている反対尾の粒子は太陽の光を反射するので、尾が明るい黄色に見えます。

彗星は軌道によって短周期彗星長周期彗星が区別されています。短周期彗星カイパーベルトを由来し、軌道周期200年より少ないので、比較的に頻繁に内部太陽系に戻ります。長周期彗星オールトの雲を由来し、軌道周期は200年と数百万年の間です。

人に観察された最初の彗星はハレー彗星でした。肉眼でも見える彗星です。最後に地球から見えたのは1986年で、次は2061年に戻ります。軌道周期約75年です。短周期彗星の一つです。

1986年に複数の人工衛星に調べられました。集めたデーターをもとに、15x15x8キロメートルの彗星のは主に水氷からできて、核は暗く薄い殻に覆われていると分かっています。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星はおそらくカイパーベルトからの彗星ですが、軌道が木星の重力に大きく変化されました。現在は内部太陽系に公転し、軌道周期は6.5年です。

の形はゴム製のアヒルに似ていて、実際は二つの大きな塊が接着してできました。太陽の近くを通るとき、大量の水蒸気が表面から蒸発されます。表面に測定器が送られた最初の彗星です。

木星の質量は太陽系の最も外部の領域から来ている彗星の軌道を変更するほど大きいです。または、彗星を木星を中心とした軌道に乗せ、太陽系内部の惑星との衝突が避けられることもあります。木星に捕まえられた彗星の一つは1993年に発見されたシューメーカー・レヴィ第9彗星でした。おそらく1970年代に木星の重力に捕まえられて、周囲の軌道に乗りました。おそらく1992年に、木星の重力が原因で複数の欠片に分離されました。その後、1994年7月に欠片は木星の南半島に衝突しました。

多くの人は彗星小惑星流星体の違いが判ってません。
太陽の近くに形成される彗星の特徴の一つです。大きさが似ている小惑星尾がありません。小惑星が形成される場所が異なるので、構成成分も異なります。小惑星太陽の近くに形成され、彗星太陽から離れてできています。

流星体は彗星と小惑星より小さいですが、惑星間塵より大きいです。地球の大気の入るとき、空気の粒子と作用します。その結果として発生する光現象は流れ星、あるいは隕石です。流星体は大気に完全に燃えない場合は、地面まで到達します。この場合は隕石と呼ばれています。

関連のエクストラ

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

天文台

天文台は大気乱流の影響を減らすために、高原や高い場所に建築されました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

ニュートンの運動法則

このアニメーションは、古典力学の礎を築いたサー・アイザック・ニュートンの3つの運動法則を実証します。

Added to your cart.