サンタ・マリア号 (15世紀)

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

技術

キーワード

サンタマリア, クリストファー・コロンブス, アメリカ, フラッグシップ, ネームシップ, ニナ, ピンタ, carrack, 先住民, 新世界, バハマ島, ヒスパニオラ島, リスボン, 船舶, 運送, デッキ, カラベル, 座礁, 技術, 歴史

関連のエクストラ

質問

  • クリストファー・コロンブスはどこで生まれましたか。
  • クリストファー・コロンブスはいつ生きていましたか。
  • イタリア語の”コロンボ”は鳩という意味ですか。
  • クリストファー・コロンブスは西のほうに航海した時、どこに到着するつもりでしたか。
  • クリストファー・コロンブスは1476と1485の間に生きていたのは本当ですか。
  • 1492年四月にポルトガル王であるヨハネ2世はインドへの旅行を許可したというのは本当ですか。
  • 1492年四月にスペインの王族はインドへの旅行を許可したというのは本当ですか。
  • クリストファー・コロンブスは最初のインドへの航海のとき、船を何隻で出発しましたか。
  • クリストファー・コロンブスの旗艦の名前はなんでしたか。
  • コロンブスの最初の航海でどの船が参加しませんでしたか。
  • アメリカの先住民の呼び方はコロンブスの間違えを由来しているというのは本当ですか。
  • コロンブスはアメリカの先住民をなんと呼びましたか。
  • クリストファー・コロンブスは最初にアメリカのどこに到着しましたか。
  • クリストファー・コロンブスは自分が新しい大陸を発見したことに気がつきましたか。
  • コロンブスは何回アメリカへ行きましたか。
  • コロンブスはスペインの王族からどんな地位を与えられましたか。
  • コロンブスはアメリカからどの船で戻りましたか。
  • スペインとポルトガル王との間で結ばれた、世界を分ける契約は何という名前ですか。
  • クリストファー・コロンブスはどこの出身でしたか。
  • アメリカは誰の後、名前がつけられましたか。
  • どの植物がアメリカを起源にしませんか。
  • どの植物の起源がアメリカですか。
  • アメリカの先住民はどれが本当ですか。
  • トルデシリャス条約の結果として、ブラジルではポルトガル語が話されていますか。
  • クリストファー・コロンブスは余生をスペインで過ごしました。

シーン

サンタ・マリア号

コロンブスの旗艦

クリストファー・コロンブスは最初のアメリカへの航海の時(1492年‐1493年)帆船3隻で大西洋を渡りました。3隻の帆船はキュラベル船のニーニャ号ピンタ号、コロンブスにナオ船(キャラック船)と呼ばれたサンタ・マリア号でした。「聖マリア」を意味するサンタ・マリア号の元々の名前はラ・ガレガでした。「ガリシアのもの」を意味するラ・ガレガという名前が付けられた理由は船の構成に使われていた木材(オークと松)はガリシアの森から運送されました。この帆船の所有者と船長はフアン・デ・ラ・コーサでした。

サンタ・マリア号は3本のマストを備えていたキャラック船であり、長さは25メートルで、幅が8メートルでした。積載可能量は180トンと240トンの間でした。この帆船はハイチ沖で沈没したので、ヨーロッパに戻ることはありませんでした。
コロンブスはスペインのカトリック両王に支援されて、キリスト教世界の代表として旅行しました。帆船で見える国旗と象徴もこれを証明します。

クリストファー・コロンブス

上面図

構造

  • メインマスト
  • マスト・バスケット
  • ロープ
  • 船尾のマスト
  • 船尾のセール
  • 船尾
  • かじの身木
  • メインセール
  • 船体
  • 船首
  • ボンネット
  • バウスプリット
  • フォアマスト
  • セールクロスバー
  • いかり
  • 甲板
  • トップスル 

キャラック船の形と構造

キャラック船15‐16世紀に、軍事的と営利目的で使われていたポルトガルの帆船でした。この人気な船のタイプはヨーロッパ中幅広く使われていました。
このタイプの船は15世紀ごろナオ船と呼ばれていました。二階もしくはその以上の階がありました。船体は細くなく、長さが25‐30メートルであり、幅が8‐10メートルでした。膨れた船体の上部と下部はより細かったです。
クリッパーのような船首と普通の船尾がありました。船首にはより小さくて三角形の構造があり、船尾には複数の階がある高い建造物が位置しました。
マストが元々2本でしたが、後で3本になりました。船体の真中に位置するメインマストと船首にあるフォアマストに横帆があり、船尾にある小さなマストにラテン帆ありました。メインマストのバスケットの上に中檣帆(トップスル)がかけられ、フォアマストの下にボンネットがありました。

アニメーション

  • 船の底荷 - 水準の上にある重さに対抗する重さです。
  • 操舵 - 船の二つの甲板の間の部分です。ここに、船員の寝泊まりする部屋、貨物そしていろいろな装置がありました。
  • 甲板
  • 貨物
  • 食品/水
  • 海軍中佐の船室
  • ニーニャ号
  • ピンタ号

クリストファー ・コロンブスの最初の航海

  • 1492年8月9日、 パロス スペインからの出発 (ニーニャ号、ピンタ号、サンタ・マリア号)
  • 1492年11月11〜12日、 バハマ諸島 アメリカへの到着
  • 1492年12月24〜25日、 ヒシュパニオラ サンタ・マリアの難破
  • 1493年3月4日、 ポルトガルに戻ります (ニーニャ号) 1493年3月15日 パロス(スペイン)

護衛艦

  • ニーニャ号
  • ピンタ号

断面模型図

  • 船の底荷 - 水準の上にある重さに対抗する重さです。
  • 操舵 - 船の二つの甲板の間の部分です。ここに、船員の寝泊まりする部屋、貨物そしていろいろな装置がありました。
  • 甲板
  • 貨物
  • 食品/水
  • 海軍中佐の船室

ナレーション

帆船であるサンタ・マリア号クリストファー・コロンブスの最初の航海での旗船です。「ガリシアのもの」を意味するラ・ガレガ1492年の歴史的な旅で名声を得た船の元々の名前でした。名前はおそらくスペインの北部にあるガリシアに由来しています。船の所有者はファン・デ・ラ・コーサでした。船は3本のマストがあるキャラック船であり、長さが25mで、幅が8mであり、貨物の収容可能量は180-240トンでした。収容能力があるキャラック船はポルトガル船のタイプであり、営利目的と軍事目的に使われました。

甲板は複数の階から構成されました。コロンブスの航海の時の乗組員は(新世界の発見者と所有者を含んで)26人でした。

スペインの旗の下で航海していたサンタ・マリア号は世界的に有名である旅を終えてヨーロッパへ戻れませんでした。1492年のクリスマスの日にハイチ島の近くで座礁しました。

最初の航海で、コロンブスは3隻の帆船のうちの1隻であるキャラベル船、ニーニャ号を旗艦と指定し、その船で翌年スペインへ帰還しました。

関連のエクストラ

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

アメリカ先住民の集落(クロウ族)

アメリカ先住民であるクロウ族はイエローストーン川の谷に居住しました。

人類移動の歴史

人類の大きな集団の移動は古代で始まり、現在も続いています。

昔の航法計器

人類は何世紀にもわたって多くの素晴らしい道具を使って海洋で航行できました。

アメリカのヨーロッパによる植民地化(1763年まで)

アメリカの支配活動に複数のヨーロッパの国家が参加し、アメリカの地図が色鮮やかになりました。

バイキング・ロングシップ (10世紀)

上手な造船業者と水夫であったバイキング人は海や川に長い距離を旅しました。

コンキスタドール(16世紀)

スペインの征服者は鎧と武器で成功しました。

アメリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アメリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

原油タンカー

原油タンカーは19世紀に現れ、現在は最も大きな船の一つです。

政体と公用語

このアニメーションは世界の国々の政体と多くの公用語を紹介します。

植民地化と植民地の独立化

ヨーロッパの国家の植民地支配で染められた地図は、植民地が独立して色が消されました。

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

アメリカバイソン

アメリカバイソンは北アメリカで生息している最も大きな陸生哺乳類です。

チチェン・イッツァ (12世紀)

旧マヤトルテカ帝国の首都は現在のメキシコ領域に位置しています。

テノチティトラン (15世紀)

発達した文明を持つアステカ帝国はスペインのコンキスタドールも驚かせていました。

マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

イギリスの戦艦(18世紀)

17世紀と19世紀の間、イギリスの戦艦は一番いい戦艦の一つでした。

艦砲 (17世紀)

艦砲は海戦上で使われたものです。

16世紀のアルハンブラ宮殿 (スペイン)

この素晴らしい宮殿の名前はアラビア語の「赤」を由来します。

帆船

初めて17世紀にオランダに建築されたスクーナー船は主に商船として使われていました。

国々のシンボル、観光名所

アニメーションで、世界の国々のシンボルと名所が紹介されます。

ジャンク

特徴的なラグスルで搭載された帆船は軍事的な目的と貿易にも利用されていました。

伝統的なアラビアの帆船 (サンブク)

最大のアラビアの帆船であり、ペルシア湾で貿易船として主に使われていました。

自由の女神像 (ニューヨーク)

アメリカ合衆国の独立100周年の記念に、フランスから贈呈されました。

潜水艦の操作

潜水艦は船体の密度を変えて、潜水したり、海面に上昇したりすることができます。

ビレーム (古代の軍艦)

ビレームは古代軍艦の一種であり、複数の軍隊に使われていました。鋭い艦首と二段の漕ぎ手座が特徴的でした。

パナマ運河

パナマ運河は太平洋と大西洋の間の航路を短くする人工的な河川です。

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

現在はドボロブニクと呼ばれているクロアチアの都市が素晴らしい建築と綺麗な外観で知られています。

タイタニック号 (1912年)

RMSタイタニックは20世紀の初めごろの最も大きな乗客船でした。

テオティワカン (4世紀)

廃墟となっても荘厳な都市は先コロンブス期のアメリカの最も大きくて人口が多い集落でした。

Added to your cart.