航空史上の主な発明

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

技術

キーワード

航空, 航空機, 飛行機, ステルス, 爆撃機, 多目的戦闘機, 旅客船, 貨物船, 戦闘機, ハンググライダー, 飛行船, ツェペリン, プロペラ, ジェットエンジン, 車両, 社会, 運送, 経済, 開発, 地理, 技術

関連のエクストラ

シーン

関連のエクストラ

貨物輸送の進化

アニメーションは馬車からトラックまでの貨物輸送の進化を紹介します。

自動車の発達

自動車は19世紀末から大きく進化しました。

交通網

このアニメーションは主な航空路、水路や陸上の道路を紹介します。

ダイダロスとイカロス

古代ギリシャの神話に登場する父親と息子はクルタ島から逃げたかったです。

自転車の進化

最初はおもちゃとしてあざけられた自転車は三百年に渡って大きく変化しました。

空港

空港では飛行に必要なサービスと基本的な設備を提供されます。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

ドイツの三葉機は第一次世界大戦の一番有名な航空機でした。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

デ・ハビランド DH.106 コメット1 (1949年)

イギリスのデ・ハビランド社に製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

無人航空機 (UAV)

無人航空機の応用範囲が次第に広がります。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機の一つです。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

エアバス A380 (2005 年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

B-2 スピリット (米国、1989年)

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機はバルカン戦争、アフガニスタンとイラクにも使われていました。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

Added to your cart.