メソポタミアの発明品 (紀元前3千年紀)

メソポタミアの発明品 (紀元前3千年紀)

古代メソポタミアに開発された単純な装置は現在も使われています。

歴史

キーワード

メソポタミアの発明, メソポタミア, ホイール, 焼成粘土レンガ, 鋤, メソポタミアワゴン, 煉瓦焼きがま, 鋤を播種, 農業, 発明, 技術, 文明, カート, 畜産, 肥沃な三日月地帯, 古代

関連のエクストラ

シーン

関連のエクストラ

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

ウル (紀元前3千年紀)

ユーフラテス川の近くに位置したウル市はシュメール人の重要な中心でした。

古代のナイル河谷沿いの農業

ナイル川のおかげで古代エジプト文明が発展したので、古代エジプトはナイル川の賜物と言われていました。

家畜と穀物の原産地

穀物と家畜は世界の様々な原産地から分布しました。

インダス谷の穀物倉 (ハラッパ)

古代インド人は巨大で、自然的に換気された穀物倉を建築しました。

ハンムラビ法典

メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典は282個の法律が刻まれた玄武岩石柱です。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

ペルシアの統治者 (紀元前5世紀)

古代ペルシアの統治者は帝国の大きさと豊富な宝に有名になりました。

農業技術

農業技術は中世と近代の人間文化と共に発達しました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

バビロン (紀元前6世紀)

古代都市であるバビロンはメソポタミアでユーフラテス川の沿岸に建設されました。

Added to your cart.