大乗仏教遺跡 (サーンチー、紀元前1世紀)

大乗仏教遺跡 (サーンチー、紀元前1世紀)

仏教建築の名作はインドに位置しています。

歴史

キーワード

グレート・ストゥパ, サーンチー, 仏教, 仏, 建築, 建物, 建造物, 宗教, インド, 仏塔, 丸屋根, 古代, 歴史

関連のエクストラ

シーン

サーンチーの風景

  • 第3仏塔
  • 大仏塔
  • 第2仏塔
  • 修道院の遺跡

大仏塔

  • 装飾された門
  • 卵の形をしている小丸屋根
  • 日傘
  • 傘の中棒
  • 上の経路
  • 下の経路
  • 階段

第2仏塔

第3仏塔

関連のエクストラ

世界宗教の現在状態

世界宗教の地理的分布は歴史的な出来事に影響を与えられました。

インダス谷の穀物倉 (ハラッパ)

古代インド人は巨大で、自然的に換気された穀物倉を建築しました。

厳島神社の鳥居

鳥居は伝統的な日本の門であり、神社の玄関として立てられます。

インドのマハラジャと妻 (18世紀)

インドの大王であるマハラジャはインドの様々な地域を統治しました。

六和塔 (杭州市、12世紀)

六和塔と呼ばれている仏塔は中国の銭塘江沿いに位置しています。

古代インドの戦象

古代インドの戦象は戦いで戦車のように使われていました。

パンテオン (ローマ、2世紀)

すべての神の神殿と呼ばれるパンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスの統治下の元で再建されました。

オスマン建築 (17世紀)

オスマン建築の遺物としてモスクとミナレットが述べられます。

Added to your cart.