B-24リベレーター

B-24リベレーター

B-24リベレーターはアメリカ陸軍航空軍の大型爆撃機でした。大量生産され、第二次世界大戦で多くの戦線で配備されていました。

歴史

キーワード

B-24, 解放者, nehézbombázó, 飛行機, II。第二次世界大戦, 空戦, 空軍, リー・ライト, 戦術, 米国, アメリカ, 米国空軍, 軍技術, bomba, RAF, 王室空軍, 潜水艦, 20世紀, 戦争の劇場, 現代, 戦争, ヘッドライト, 歴史, 技術, 近代史

関連のエクストラ

シーン

リベレーター

B-24第二次世界大戦でアメリカ陸軍航空軍に配備させた大型爆撃機でした。この航空機はアメリカ空軍のために、コンソリデーテッド・エアクラフトに発達され、生産されました。イギリス空軍に「リベレーター」という愛称が付けられました。

B-24はできるだけ多くの目的に使われるように設計されました。大型爆撃機海洋哨戒機貨物積載能力が大きい攻撃機としても使われていました。この大量生産されたアメリカの爆撃機は第二次世界大戦のほとんどすべての戦線で使用されました。

B-24リベレーターには革命的な革新が多く見られ、殆どどのような目的にも使えました。この爆撃機は陸上の目標物潜水艦の攻撃にも成功し、そして範囲が大きいため、太平洋を渡って貨物の運送にも使われていました。

ヨーロッパ、アフリカと太平洋の目標物を目指して63万5千の爆弾を落とし、敵機を4189機破壊しました。

上面図

  • 翼長 - 33.5 m
  • 長さ - 20.6 m
  • 翼面積 - 97.4 m²

整列隊形

構造

  • プロペラ
  • 機関銃塔
  • コックピット
  • 機関
  • リー・ライト - 爆撃機に搭載された探照灯であり、夜中潜水艦の探知と攻撃に役立ちました。
  • 徽章 - アメリカ合衆国空軍
  • サスペンション装置
  • アンテナ
  • ピトー管 - 流体の流れの速さを測定する計測器であり、航空機の速度を測るために幅広く使われています。
  • 爆弾

リー・ライト

リー・ライトは直径が61cmで2200万カンデラもの明るさを誇った探照灯でした。イギリス空軍(RAF)の海岸司令部の大型爆撃機に搭載されました。このように、夜中近づくドイツ潜水艦探知できました。

この特徴的な装置はイギリス空軍の人事担当者、ハンフリー・ド・バード・リーによって提案されました。この探照灯は多くのリベレーター爆撃機にも搭載されました。

爆撃

ナレーション

B-24第二次世界大戦でアメリカ陸軍航空軍に配備させた大型爆撃機でした。この航空機はアメリカ空軍のために、コンソリデーテッド・エアクラフトに発達され、生産されました。イギリス空軍に「リベレーター」という愛称が付けられました。

B-24はできるだけ多くの目的に使われるように設計されました。大型爆撃機海洋哨戒機貨物積載能力が大きい攻撃機としても使われていました。この大量生産されたアメリカの爆撃機は第二次世界大戦のほとんどすべての戦線で使用されました。

B-24リベレーターには革命的な革新が多く見られ、殆どどのような目的にも使えました。この爆撃機は陸上の目標物潜水艦の攻撃にも成功し、そして範囲が大きいため、太平洋を渡って貨物の運送にも使われていました。

ヨーロッパ、アフリカと太平洋の目標物を目指して63万5千の爆弾を落とし、敵機を4189機破壊しました。

関連のエクストラ

星形エンジン(ラジアルエンジン)

星形エンジンは主に飛行機やヘリコプターで利用されています。

スーパーマリンスピットファイア (イギリス、1938年)

スーパーマリンスピットファイアは第二次世界大戦でイギリスに使われていた単座戦闘機でした。

メッサーシュミット Bf 109 G (ドイツ、1941年)

第二次世界大戦においてドイツに使われていた戦闘機です。

原子爆弾(1945年)

原子爆弾は人類の歴史上に最も破壊力がある武器の一つです。

フォードF4Uコルセア

星形機関が搭載されたフォードF4Uコルセアは第二次世界大戦で米軍に使われていました。

A6M 零式艦上戦闘機 (日本、1940年)

連合軍側にジークと呼ばれた飛行機は第二次世界大戦の有名な戦闘機でした。

アメリカの兵士(第二次世界大戦)

第二次世界大戦のとき、アメリカの兵士はほぼすべてに地方に戦っていました。

B-2 スピリット (米国、1989年)

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機はバルカン戦争、アフガニスタンとイラクにも使われていました。

戦車 (第二次世界大戦)

戦車は第二次世界大戦において重要な役割を果たしていました。

ドイツの兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

日本の兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦で、日本軍は主にアジア大陸と太平洋の戦場で戦っていました。

ミッドウェー海戦 (1942年)

第二次世界大戦の最も重要な戦いの一つであり、太平洋の戦争における転機になりました。

ミズーリ (米国、1944年)

第二次世界大戦で就役されたミズーリ戦艦は湾岸戦争にも使われていました。

真珠湾攻撃 (1941年)

日本海軍に行った攻撃の後、アメリカ合衆国は第二次世界大戦に参戦しました。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

SM U-35型潜水艦 (ドイツ、1912年)

潜水艦は第一次世界大戦の時、重要な役割を果たしていました。

Added to your cart.