ヘリコプター (BELL 206号ジェットレンジャー)

ヘリコプター (BELL 206号ジェットレンジャー)

カナダの会社に開発されたヘリコプターは世界中の一番広く使われているヘリコプターの一つです。

技術

キーワード

ジェットレンジャー, ベル206, ヘリコプター, 航空機, 航空, ローター, 主回転翼, コックピット, 着陸用滑走部, エンジン, 尾部回転翼, 運送, 空気力学, 技術

関連のエクストラ

シーン

ヘリコプター

内部

構造

  • 主回転翼
  • コックピット
  • 着陸用滑走部
  • エンジン
  • 尾部回転翼
  • 胴体
  • 羽根

離陸と着陸

  • 浮上
  • 降下

動的揚力

  • 気流が速い → 気圧が低い
  • 気流が遅い → 高圧が高い
  • 揚力 - エアロフォイルは非対称なので、翼の上に空気がより長い距離を進み、翼の下より上の方が空気の流れが速いです。ベルヌーイの定理によると、より速く流れる空気の気圧が低いので、翼の下より上の気圧の方が低いです。この気圧の差は揚力の原因となります。 速度が速くなると、揚力も強化します。

コントロール

  • 浮上
  • 降下
  • 前に
  • 後ろに
  • 右へ
  • 左へ
  • 回転
  • 浮遊

関連のエクストラ

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

無人航空機 (UAV)

無人航空機の応用範囲が次第に広がります。

AH-64 アパッチ (米国, 1975年)

アメリカ先住民のアパッチ族に名前をもらったアパッチ攻撃ヘリコプターは米軍のために開発されました。

揚力

飛行機の翼が非対称であるため、速度が速い場合は揚力が発生します。

ブルジュ・アル・アラブ (ドバイ、1999年)

世界一の7つ星の最高級ホテルであるブルジュ・アル・アラブはアラブ首長国連邦に位置しています。

消防車

アニメーションは消防車両の構造を紹介します。

救急車

アニメーションは救急車の最も重要な装置を紹介します。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - ヘリコプター (1489年ごろ)

博学者はスクリュー形の構造が速く回転させると飛び上がると思っていました。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

ユンカース G 24 フロート水上機

フロート水上機は水上にも到着したり、走ったり、水上から飛び上がったりすることができる航空機です。

Added to your cart.