AH-64 アパッチ (米国, 1975年)

AH-64 アパッチ (米国, 1975年)

アメリカ先住民のアパッチ族に名前をもらったアパッチ攻撃ヘリコプターは米軍のために開発されました。

歴史

キーワード

アパッチ, ヘリコプター, 武道, 軍事, 空軍, 戦争, 武器, 砂漠の嵐砂, 米国

関連のエクストラ

シーン

アパッチ

アメリカ先住民に名付けられたヘリコプター

攻撃ヘリコプターはアメリカ陸軍のために開発されました。陸軍戦略のサポートと敵の装甲車を破壊する目的で作られました。最も発展したサブタイプ(AH-64D)は高級のレーダー装置でも搭載されています。成功した配備はイラクとアメリカの間で行った湾岸戦争中でした。現在、10ヶ国以上の国に使われています。
複数の強み以外に、弱点としては難しい操作性がよく述べられています。

技術資料

分類: 攻撃ヘリコプター
製造者: ヒューズ、マクドネル・ダグラス、ボーイング社
乗員: 2名
初飛行: 1975年9月30日
ユニットコスト: 1800万USドル (1984年)

寸法

長さ: 17.70 m
高さ: 3.87 m

重量

自重: 5165 kg
満たされた燃料タンクと自重: 8000 kg
最大重量: 9525 kg

発動機

発動機: ジェネラルエレクトリックT701タービンシャフト2基
出力: 2 × 1260 kW

特徴

最大速度: 293 km/h
戦闘行動半径: 480 km
航続距離: 1900 km
実用上昇限度: 6400 m
上昇率 : 12.7 m/s

武装

砲: 30 mm M230 機関砲1門
空対地ミサイル: AGM–114 ヘルファイア

上面図

コックピット

構造

  • 回転翼
  • 尾部回転翼
  • コックピット
  • マシンガン
  • ロケット・コンテナ
  • 感知器
  • 胴体
  • エンジン

アニメーション

  • 回転翼
  • 尾部回転翼
  • コックピット
  • マシンガン
  • ロケット・コンテナ
  • 感知器
  • 胴体
  • エンジン

ナレーション

アパッチという攻撃ヘリコプターがアメリカ陸軍のために開発されました。AHは英語のAttack Helicopter「攻撃ヘリコプター」の省略です。現在は数ヶ国で使われているアパッチの初飛行が1975年でした。

約18メートルの長さと4メートルの高さがあるヘリコプターの最大重量は約10トンです。ヘリコプターには1690馬力のタービンシャフト発動機が2基搭載されています。大きな航続距離と最大速度以外に、火力が最も重要な特徴の一つです。
30mmの機関砲、対戦車ミサイル、空対地ミサイルと空対空ミサイルで搭載されています。アパッチヘリコプターが特徴的なセンサーとレーダーを持っています。胴体の先にある複雑なセンサー、回転翼に乗せたレーダーで戦場により効果的に戦えます。

この攻撃ヘリコプターは強み以外に、弱点もあります。ヘリコプターの管理システムが異常に複雑で、乗員の訓練が長くかかります。ある武器の対する防衛にも不満があります。

アパッチヘリコプターが世界中の戦場で使われています。現在、最も強い攻撃ヘリコプターの一つとして認められています。

関連のエクストラ

アメリカの海軍(21世紀の始め)

米国の海軍に入っている約200人の特徴的な訓練していたメンバーは米軍の重要な部分です。

ヘリコプター (BELL 206号ジェットレンジャー)

カナダの会社に開発されたヘリコプターは世界中の一番広く使われているヘリコプターの一つです。

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

オハイオ (米国、1979年)

20世紀の真中ぐらいに、アメリカ海軍が初めてとして原子力機関を潜水艦に搭載しました。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

MIG-31 (ソビエト連邦、1982年)

ソビエト連邦に開発された双発迎撃機の運用開始は1982年に行われました。

USS タラワ LHA-1 (1976年)

1940年代から、次第に大きくなった航空母艦は海洋の支配者となりました。

揚力

飛行機の翼が非対称であるため、速度が速い場合は揚力が発生します。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - ヘリコプター (1489年ごろ)

博学者はスクリュー形の構造が速く回転させると飛び上がると思っていました。

Added to your cart.