タージ・マハル (アーグラ、17世紀)

タージ・マハル (アーグラ、17世紀)

インドにある墓廟の中心に位置している白い大理石の墓はシャー・ジャハーンが愛していた妻のために建築されました。

視覚芸術

キーワード

タージ・マハル, シャー・ジャハーン, ムムタッツ・マハル, 世界遺産, アグラ, ヤムナ, インド, ムガル帝国, 霊廟, 墳墓, ミナレット, モスク, 記念碑, 建築, 建築家, 白大理石, 大理石, アジア, 対称性, ペルシア語, インド人, イスラム教

関連のエクストラ

インドのマハラジャと妻 (18世紀)

インドの大王であるマハラジャはインドの様々な地域を統治しました。

世界宗教の現在状態

世界宗教の地理的分布は歴史的な出来事に影響を与えられました。

カーバ神殿 (メッカ)

メッカのマスジド・ハラームの中心部にあるカーバ神殿はイスラーム教の最高の聖地です。

ビクトリア朝時代

シーンは、ビクトリア朝時代の四肢を描いており、玉座の間と作業場を示しています。

衣服 (西ヨーロッパ、17世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

アラビアの戦士(6世紀)

中世のアラビア戦士の最も重要な武器は剣と弓矢でした。

古代インドの戦象

古代インドの戦象は戦いで戦車のように使われていました。

インダス谷の穀物倉 (ハラッパ)

古代インド人は巨大で、自然的に換気された穀物倉を建築しました。

ジャーメ・モスク (エスファハーン、15世紀)

建築的なデザインと装飾よりイスラム芸術の名作として位置付けられています。

オスマン建築 (17世紀)

オスマン建築の遺物としてモスクとミナレットが述べられます。

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番大きな宗教的な建物の一つが博物館...

パンテオン (パリ、18世紀)

パリのパンテオンはフランスの最も有名な新古典主義の建築物です。1790年に完成させ、フランスの有名人の墓になっています。

Added to your cart.