バイキング・ロングシップ (10世紀)

バイキング・ロングシップ (10世紀)

上手な造船業者と水夫であったバイキング人は海や川に長い距離を旅しました。

歴史

キーワード

バイキング, 船舶, 戦艦, 発見者, スカンジナビア, 遠征, レイド, 漕ぎ手, ヨット, 中世

関連のエクストラ

シーン

バイキング・ロングシップ

トップ・ビュー

デッキ

構造

  • かじ
  • 竜骨
  • マスト
  • 船首
  • キール
  • 船尾甲板
  • オール

アニメーション

  • かじ
  • 竜骨
  • マスト
  • 船首
  • キール
  • 船尾甲板
  • オール

ナレーション

ヴァイキングは造船が得意でした。船が貿易、遠征と探検航海にも不可欠だったので、ヴァイキングには船が一番大切な物でした。幸運に、考古学者は多数な人工物を発見し、ヴァイキングの船に関する活動について情報がたくさん得られます。

ヴァイキングの船が主にオーク材からできました。ヴァイキングに使用された典型的な船がロングシップと呼ばれています。ロングシップは船体が長くて、平らで、操作しやすくて、軽かったです。喫水が浅いので、川のみではなく、海上でも安全に使用可能でした。貿易と軍事目的にも使われていました。

船体の建設の初めての一歩は竜骨が作られた。竜骨は一本のオークの胴体から掘られたので、船がこれで安定されました。その後は曲げられて、完全な対称性を持つ船首とキールが付けられた。これらはよく動物の頭部の形をしている彫られた木で飾られました。その後は枠組みを組み合わせて、リブを付けられました。胴体の上の部分に、漕手を守るため、そして胴体を高くするには盾がかけられました。最後の一歩はマストを立てることでした。マストの高さは約10メートルで、マストのは10メートルくらいの帆桁が支えられた。

ロングシップはヴァイキングの生活に中心的な役割を果たしていました。「ヴァイキングの心がロングシップに入っています」とウィンストン・チャーチルが言いました。ヴァイキングは造船以外に、航海も得意でした。

関連のエクストラ

ヴァイキングの集落 (10世紀)

北の民族であるヴァイキング人の集落はスカンディナヴィアのみではなく、離れている場所にも建築されました。

バイキングの樽板教会 (ボルグンド、13世紀)

この木造教会はノルウェー樽板教会の中で保存状態が最も良いです。

バイキングの族長 (10世紀)

バイキングの族長は部族のメンバーに選ばれました。

ビレーム (古代の軍艦)

ビレームは古代軍艦の一種であり、複数の軍隊に使われていました。鋭い艦首と二段の漕ぎ手座が特徴的でした。

古代ギリシャの商船

発達された帆船のおかげで、古代ギリシャ人は「海の運搬人夫」になりました。

ジャンク

特徴的なラグスルで搭載された帆船は軍事的な目的と貿易にも利用されていました。

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

昔の航法計器

人類は何世紀にもわたって多くの素晴らしい道具を使って海洋で航行できました。

五段櫂船 (紀元前3世紀)

ヘレニズム時代の特有な軍艦には複数の列のオールが搭載されています。

帆船

初めて17世紀にオランダに建築されたスクーナー船は主に商船として使われていました。

伝統的なアラビアの帆船 (サンブク)

最大のアラビアの帆船であり、ペルシア湾で貿易船として主に使われていました。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

イギリスの戦艦(18世紀)

17世紀と19世紀の間、イギリスの戦艦は一番いい戦艦の一つでした。

Added to your cart.